奨学金の返還がむずかしくなったとき

奨学金への返済がむずかしくなった時、ほとんどの奨学金に救済制度があります。

「毎月の返済を半額にする」あるいは「一定期間返済を待ってもらう」など様々な制度があります。

前者は「減額返還」、後者は「返還期限の猶予」と呼ばれています。

条件は、在学中であること、あるいは、災害、けが、貧困、失業などです。

大体の場合、延滞する前であれば、手続きをして、救済してもらえます。

それぞれ、審査がありますが、それほど厳しいものではありません。

大事なことは、返還が難しくなってから相談するのではなく、難しくなりそうだと思ったら、

とりあえず相談することです。ただあくまで返還猶予であり、返還免除になることはほとんど

ないのでご留意下さい。

 

例えば日本学生支援機構の奨学金に関しては、返還が難しくなった場合には、適用条件は

ありますが主に下記のようなイメージの救済制度があります。

1.返還期限猶予

返済を待ってもらう制度。

適用期間:最長10年間
適用条件:年収300万円以下

2.減額返還

返済月額を1/2、または1/3に減額してもらう制度。
適用期間:最長15年間
適用条件:年収325万円以下

 

詳しくは下記の日本学生支援機構のHPをご確認下さい。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan_konnan/index.html